繰り返し学習

英会話を身につけるための一番の鍵は「口に出して発音する事」という事が挙げられるでしょう。しかし、勉強開始から何でもかんでも口に出してみるというのは少し間違った勉強法であるかもしれません。口に出して発音すると言った勉強法は、英文を理解できた上で初めて効果がある勉強法であると言えるからではないでしょうか。知らない単語や、分からない単語、文法、表現と言った様々な部分までしっかりと理解を深めておく事が先決と言えるでしょう。最初は英単語から始め、徐々に区切った英文などの反芻を繰り返していくと言った方法が良いでしょう。CDなどの教材を使っているならば、コンマで区切り、その部分だけ再生と停止を繰り返し、1センテンスずつ復唱して行くと言った方法がオススメでしょう。英文を区切ることによって、その部分の発音とイントネーションに集中でき、また、日本語訳を区切れるため、使用されている単語の意味を十分に再確認して行く事ができると言えるでしょう。そのため、勉強する環境としては、再生と停止を繰り返し行う事が考えられるため、楽に操作できるように工夫しておくのも良いでしょう。現在は携帯電話とPCを連動させられたり、データで音楽が聴ける時代なので、いつでもどこでも情報を持ち歩ける環境なのではないでしょうか。自身が勉強する妨げにならないような、ストレスのないリスニング環境を見つけることも重要でしょう。しっかりと意味を理解し、発音できるようになれば、ランダムに英文を再生し、移動中もリスニングだけ学ぶという事も可能と言えるでしょう。このような勉強法を上手く生活に取り入れられるという事は、英会話を身につける上で望ましい方法であると言えるでしょう。