会話の流れ

「英会話」というからには、通常私たちが日本語でおしゃべりしているように「会話」が出来ないことには話にならないと言えるのではないでしょうか。会話というのは、簡単な長文を瞬間的に作文して行われるコミュニケーションであり、英会話の場合は、この長文の部分が英語であるものを言うでしょう。そのため、日常私たちが日本語で行なっているような作文を、英語で作文し、話の流れを作れるように練習をして行くことが、英会話の勉強の中心であると言えるでしょう。英語の長文を瞬間的に作文するというメリットは、会話の流れを練習することができるという点ではないでしょうか。短文の英作文のみでは「会話」はなかなか続かず、十分なコミュニケーションとは言えないのではないでしょうか。英会話で、きちんとコミュニケーションを行いたいと思っているならば、会話の流れや、どのような英単語を使って文を繋いでいるのかと言った点にも注目し、マスターしていく必要があると言えるのではないでしょうか。ある程度単語も覚え、発音も慣れてきた頃にはこのような能力も必然的についてきている可能性も十分考えられるため、次なる勉強法は、思い切って英会話の波に飛び込むという「実践」ではないでしょうか。思い切って話して見ることで、想像ではないリアルな英語の実感と意欲が増すという効果が期待でき、英語が口から出てこないと言った悔しさでさえモチベーションになると言えるからです。教材とのにらめっこは、言わば自分との戦いであり、意志が強くないと長く続かないかもしれません。しかし、話す相手がいるということは、意欲になり、より相手のことを知りたいと思えれば、勉強も頑張れるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です