考え方を変える

語学というものは、不思議なもので「得意だ」と言う人はどんどん上達し、「苦手だな」と思っている人にとってはなかなか上達していかないものと言えるのではないでしょうか。中学や高校で学ぶ英語というのは、英会話と違ってコミュニケーションよりも、文法などが中心であり、あまり楽しさを感じられにくいと言うのも「苦手」意識を持つ原因であると考えられるかもしれません。実際、ちんぷんかんぷんなルールを前に「なんで日本人なのに英語を勉強するの?」と反抗心を抱いていた人も少なくないのではないでしょうか。しかし、そんな「英語」と「英会話」の違いは、何と言っても「コミュニケーション能力」を広げられるかどうかであるのではないでしょうか。英語を勉強していた頃、視野に入っていなかった世界が、英会話を身につける事でぐんと広がると考えたらどうでしょう。違う国の人と意見を交わせる能力が「英会話」であり、英語の授業とは違って、文法を覚える科目から、コミュニケーション術を学ぶと言う風に考えをシフトチェンジして行けたらどうでしょう。近年は外国人観光客も多く、ちょっと外に出たときなどに実戦するチャンスもいくらでもある環境であり、ぶっちゃけ観光客側も完璧な会話など期待していないと言えるでしょう。ただ、違う国の人と楽しい時間を過ごすと言うような気持ちで話しかけられると良いのではないでしょうか。もちろん、覚えることや守るべきルールはあるとも言えますが、逆に、それさえ覚えてしまえば、自身の世界を大きく広げることのできるのが「英会話」と言えるでしょう。日本語でのコミュニケーションを、ただ、英語に置き換えるだけで良いのです。それだけで楽しい世界が広がると思えると、勉強も楽しく行えるのではないでしょうか。