分からない状態に時間をかけない

日本では、義務教育の影響からか、多くの人が「1回で完璧に理解したがって頑張ってしまう人」が多いように感じられるのではないでしょうか。これは、失敗することがあまり良いことではないとする環境での教育を経験してきたという人の特徴であるとも言え、優れた人は「1回で理解できる」という構図が刷り込まれてしまっているためとも言えるのではないでしょうか。何に対してもそうですが、これは語学を勉強する上で、実に邪魔と言えるのではないでしょうか。なんでも「身につける」ために一番大切だと思われるのは「繰り返す」ことではないでしょうか。一回で覚えられるかどうかより、「繰り返し」て身体に叩き込んでいくのが学習であり、そうやって覚えたものは、その後自然と身体から出てくるものであると言えるでしょう。瞬間的に日本語を喋るように、まず、瞬間的に英作文を作れるようになるために「繰り返す」事が英会話では必要であると言えるでしょう。そのため、反復練習が正義であるとも言え、理解はその後でも問題はないと言えるでしょう。勉強を繰り返していく上で、どうしても思い出せず、分からないといった文章があったとしても、考えるのはほんのちょっとで構わないのです。ひねり出せそうならば粘っても良いでしょうが、そもそも「分からない」状態の場合は、さっさと答えを見て覚えることに専念したほうが効率的と言えるでしょう。「こんなことも分からない」などと落ち込む暇があったら、その間に新しい単語や英文を繰り返したほうが「優れた人」であると言えるでしょう。最初はコツコツと焦らずに段階を踏んでいく事が重要であると言えるでしょう。わからなければ、次へ行けばいいだけの話なのです。誰も「分からないこと」を恥ずかしいという人はいないのではないでしょうか。