シャドーイングのポイント

シャドーイングと呼ばれる勉強法は、音声を流し、追いかけて発音していくという勉強法と言えるでしょう。この勉強法の一番大事なポイントは、単純に「音声をきちんと聴く」ということではないでしょうか。何度も口に出して読むということを繰り返すため、文章そのものを記憶してしまうと言った感覚に陥りがちですが、シャドーイングというのはは、あくまでも「聴こえてきた音をそのまま真似して発音する」ということを目的としたトレーニングと言えるでしょう。音声を聴いて発音だけでなく、抑揚と言った部分までを真似するシャドーイングのことを、プロソディシャドーイングと呼び、この完成度をあげることにより、自分の中で英語の発音がきちんと処理できるようになると言われているようです。ある程度、完成度が上がってきたら、最終的にシャドーイングしながら「文章の意味や場面」をイメージしながら行う、コンテンツシャドーイングと呼ばれるトレーニングに進みましょう。英文を聴き取り、そこから意味や場面のイメージを即座に思い浮かべられる力をつけるとされるのが、このコンテンツシャドーイングという勉強方法と言われているようです。この段階まで進んで来ると、難易度としてはかなり高くなっているといえ、逆にこの状態までくる事ができれば、音声を聴き取って瞬間的に意味が分かるという状態に仕上がっているとも言えるのではないでしょうか。そうなってくれば、あとはたくさんの英文をシャドーイングしまくることで、様々な英語が聴き取れるようになってくると言え、自身の表現の幅も広がり、英会話力はかなり上達していると言えるでしょう。繰り返しばかりの勉強法ですが、そうやって身につけた技術は、簡単にはなくならない大切な財産と呼べるのではないでしょうか。