やるかやらないか

私たちは、日本人であるから「日本語」を喋るのではなく、生まれてから長いこと「日本語」を聴き、「日本語」を発してコミュニケーションを取り、少しずつ少しずつ「日本語」を身につけて行ったと言えるのではないでしょうか。つまり、日本人だから英語が喋れないのではなく、英語を喋る環境に生活してこなかったため、今は英語が喋れないと言う状況にあるだけと言えるでしょう。日本語の反復練習があって、現在瞬間的に日本語で文章を作成し、発声し、聴き、理解すると言う過程の繰り返しが行われていると言えるでしょう。では、改めて考えると、「英会話」を身につけると言うことは、全く同じことを行えば良いと言えるのではないでしょうか。赤ちゃんの頃、パパやママといった単語を覚え、意味を理解し、発するまでの過程を、一から英語で行えば良いだけと言えるのではないでしょうか。地道に英単語の意味と発音を学び、覚えて行き、それを繋げたり繰り返したりしてコミュニケーションをとって行きましょう。そして、単語の量が増えてきた時「話し方」や「効果的な表現」と行ったもののルールを覚え、瞬間的に英作文を作成できるようになれば良いのです。語学の根本は、コミュニケーションと言えるでしょう。違うのは、それを行うためにどの言語を選択しているかと言うことだけであると言え、「思ったことを日本語で話す力」を「思ったことを英語で話す力」に変換すれば良いだけなのではないでしょうか。成長してからの学習というものは、時間などの制限もあるため、そこのところが障害になりがちとは言えますが、英会話を身につけられるかどうかは、本人が一生懸命に反復練習をするかしないか、という点にかかってくるでしょう。日本陣だから英語が喋れないというようなくだらない言い訳を言っているうちは、英会話は身につけられないと考えたほうが良いでしょう。