とにかく慣れる

勉強開始から、英語を口に出し続けるというのは、英語に慣れていない人にとってはかなり疲れてしまうと思われます。まずは、英語になれることから始めるべきであるでしょう。繰り返しのセットを決めたら、そのセットごとに、きちんと休憩を取ると良いでしょう。慣れない事には効率も上がらないため、はやる気持ちをおさえつつ、じっくりと体になじませていくと良いでしょう。もどかしいほどの繰り返しを経て、体に英語が慣れてきたら、次は、人の発音を体に馴染ませる事が重要でしょう。自身の発生だけでは癖もあり、何よりネイティブの発音には及ばないため、CDの音声を利用し、ひたすら流しっぱなしにするという勉強方法がオススメでしょう。これは、ひたすら流してリスニングし続けるのではなく、CDの音声から少し遅れて真似して発音していく事が重要でしょう。これは、シャドーイングと呼ばれており、リスニング力の向上はもちろん、自身の発音の修正にもなると言えるでしょう。これは、比較的簡単な勉強法であると言え、音声とテキストがあれば誰でも学ぶ事ができると言えるでしょう。そのため、お金をかけずに質の高い英語を身につけられるため、実践している人も多いのではないでしょうか。リスニングは、英会話の中でも難しい部分でしょう。それは、発音やスピード、英単語、理解力というように、聴き取って理解するために持っていなければならない力が多いからと言えるでしょう。シャドーイングは、そのような多くの力をつけるための勉強法としては、最も効率の良いものであると言えるのではないでしょうか。発音、微妙な音声変化、聞き取りといった3つの力を鍛え、リスニング力を身につけて行きましょう。