話す力を高める

「英会話を身につけたい」という一言は、近年多くの年齢層より聞かれるものなのではないでしょうか。しかし、ではどんな「力」をつければ英語が話せるようになり、英会話が身につくと言えるのでしょうか。

結論から言えば、一番必要な「力」とは、私たちが普段コミュニケーションの道具として使っている「日本語」を瞬時に「英語」に翻訳するという「瞬発力」と言えるのではないでしょうか。

 

生まれてから、ほとんどの期間を日本語だけのコミュニケーションのみで生きてきた私たちは、あらゆることを日本語で理解してしまうことは避けられないと言えるでしょう。しかし、つまりはその日本語での理解を瞬時に英語に置き換える力をつければいいというだけの話でもあるのではないでしょうか。その「変換スピード」を鍛える事が、英会話の勉強であると言えるでしょう。

つまり、細かく区切って勉強して行けば、やることは簡単と言えるでしょう。端的に言うと、ひたすら日本語を英語に直す作業を繰り返すだけと言えるのではないでしょうか。ただ「会話」をするために「日本語」を使うか「英語」を使うかの違いというだけで、何も構えることはないと言えるのが「英会話」なのではないでしょうか。

またそもそも英語で思考する“英語脳”を手に入れることができさえすれば、最初から英語で考え会話する形となるため、変換する必要すらなくなってきます。

 

そのためには、難しいことは一切なく、私たちが「日本語」を身につけたように「英語」を身につけていける環境を作り出すことで可能となるのではないでしょうか。「繰り返し」という勉強法は、あらゆる語学を身につける上で避けては通れないものと言えるでしょう。

「英会話を身につけたい」とぼやく回数を、英文を読む回数に置き換える事ができれば、あなたの英会話力はどんどん上達していくのではないでしょうか。